header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2012年1月19日木曜日

2012年1月19日木曜日14:00
こんにちは、石巻よりアオキです。
本日は石巻市の日和山からの景色、そして南浜町の景色をお届けしたいと思います。


まずは日和山からの景色です。
以前ご紹介させていただいてから1カ月半が経ちました。

日和大橋と太平洋です。

被災瓦礫の集積場は1カ月半前と変わらず、大きく見えました。


北上川と中瀬です。


鹿嶋神社の鳥居です。階段になっていて、下ると南浜町に出ます。


この日も、日和山にはたくさんの方がいらっしゃっていました。
昔ながらの景色を知る地元の方々からは、ため息が漏れていました。


日和山から見える南浜町の景色です。


南浜町の景色をもっと詳しくお伝えしたいと思い、日和山を降りて南浜町にも足を運びました。


新年のご挨拶でもご紹介いたしました、『がんばろう石巻』の看板にて。
看板の横にはツリーがあります。夕方になると、キレイにライトアップされます。
震災時、このツリーの高さ程の津波が南浜町に押し寄せたそうです。

アオキが隣に立ってみました。(アオキ154cm)

震災から10カ月。南浜町には、まだまだ震災の爪跡が残ります。




あちこちでこのような景色が目に入ります。


2011年、紅白歌合戦で、長渕剛さんが歌ったロケーション。石巻市立門脇小学校です。
南浜町に降りると、一人の女性が熱心に南浜町の景色を写真に収めていました。
栃木県から、この石巻を訪れたという高橋さん。
あまりにも唐突でしたが、少しお話をお伺いいたしました。


石巻の景色を、テレビや新聞などの報道だけでなく、直接自分の目で見ておくべきだと石巻に訪れたそうです。
建物があったであろう土台や、道の端に寄せられた壊れかけの食器やCD、ドロだらけの靴に、ここで生活していた人たちの生活背景がうかがえ、言葉を無くしてしまっていました。
また、道にある水溜りがただの水ではなく、満潮時に上がってきてしまう水だということを説明すると、驚かれていました。


「テレビでの映像で、ある程度心得て来たつもりだったけれど、想像以上でした」
「実際に来て、自分の目で見てほしい」と。


被災地で復興に励む皆さんに向けて、メッセージもいただきました。





「できる限り応援していきたいです。 また必ず石巻に来ます」
と、エールをくださいました。
次に高橋さんがこの石巻に訪れた時には、より良い石巻になっていますようにと、南浜町で一緒に手を合わせました。
高橋さん、突然のインタビューに答えてくださって、ありがとうございました!!


(平成24年1月19日)