header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年11月25日金曜日

2011年11月25日金曜日15:16
ココです。石巻に来ています。

石巻市中央にある『まるか中央鮮魚店』。そこには『すし 寶来』さんのちらし寿司や巻物なども“石巻名店街”の商品として並んでいます。





震災前、まるかさんの信号を挟んだ向かい側、歩いて2、30メートルのところにあったという『すし 寶来』さん。
ちょうど『まるか中央鮮魚店』に仕入れに来ていた店主の佐々木淳一さんにお話を伺うことができました。

「震災後、自宅でご飯だけは炊ける状態でした。はじめは知人の焼きとり屋さんで商品を販売させてもらっていたんです。そんなときに長年付き合い(仕入れ先)のあった『まるか中央鮮魚店』の佐々木社長に誘われて“石巻名店街”の一店舗として5月25日に再開することになったんです」

種類も生ちらし、握り、バッテラなど種類も増やして再開したのだそうです。




その後、被災の少ない土地で元々、寿司屋だったという空き店舗に入ることに。こうして10月17日に新店舗をオープンさせました。 新しい店舗を構えた現在「前から温めていたことを一つ一つ出していけたら…」と話す佐々木さん。

『すし 寶来』さんのこだわり、新たなチャレンジはまだまだ続いていきます。

※新店舗オープン後も『まるか中央鮮魚店内 石巻名店街』での販売は続いています。

(平成23年11月25日)

byココ