header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月18日日曜日

2011年12月18日日曜日16:45

気仙沼市の中山間地域
幼い日通った末吉の母校、気仙沼市立月立小学校で1年に10回開かれている
森の学校 「そば学校」で地元産のそば粉100%のそばを食べに行って来ました。
校庭には雪が積もっていました。



そばは二八そば。
出しは、ソウダカツオとサバ節・煮干で作る本格そばです。


そば学校は、5年ほど前から1カ月に1回、
地元の方々で運営されて行われています。


こしがあってとてもおいしいそばでした。

8年ほど前から減反による、作付け転換でそばをつくり始め、
生産だけでなく消費も地元でということで
「そば学校」を始めたそうです。
「おいしいには隠し事はないから、なんでも聞いてください。なんでも話しますから。」
と吉田さん。



森の学校では、さまざまな取り組みをしています。
石を使ったアート・多様な体験学習・一般家庭への民泊などもしています。
と田村さん。

そば学校には1200人ほどの人がそばを食べに来るとのことでした。
学校の中には、地元の野菜や地元の方々が作った手芸品も
並べられています。





帰りに買って来た地元農家が育てている鶏の有精卵をつかった「たまごご飯」は絶品でした。


(平成23年12月18日)