header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月15日木曜日

2011年12月15日木曜日20:21
伊里前の海と歌津駅になつかしさを感じてしばらく立ち尽くしていました。
それでも・・・やはり
海が大好きなkaiiです。

12月13日、南三陸町歌津伊里前地区に、伊里前福幸商店街がオープンしました。



伊里前小学校のすぐ下にある場所に7店舗が開店し、
洋服屋さん・電気屋さん・床屋さん・鮮魚店・八百屋さんなど
この商店街に来れば生活に必要なことが足りるお店が並んでいました。





「飲食店さんがないことが残念なんです。
いつでも、この場所に開店したい人がいれば待っています。仲間が増えてくれるといいです。
町の復興計画案では、この場所は3年くらいで使えなくなるかも知れませんが
私たちは、この場所で商店街を目に見えるかたちで立ち上げ、
元気な商店街・元気な町を復興させていきたいです」
と高橋会長。

「震災から9カ月が過ぎて、お客さんのニーズも変化しています。
今、地域の商店街に求められているのは、話せる場所。
大型店にはない、“人”のつながりの場所だと思います」



伊里前商店街には、大型店にない優しさがありました。
バスの停留所が商店街のすぐ前にあります。
ここに帰る人たちが、商店街の明かりに「ほっと」できることも、
商店街の優しさなのだと感じました。




この地域は、最大20mの津波が襲った場所。
伊里前小学校の校舎1階部分にも40cmの津波が到達したそうです。


高橋会長が話したように、伊里前商店街が元気になり
地元のおいしい食材を使った地産地消のメニューを早く提供したい
その願いが早く叶うことを楽しみにしています。


(平成23年12月15日)