header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月2日金曜日

2011年12月2日金曜日8:47

お米大好き。おいしい野菜が大好きだから・・・早く農業が再生して欲しい~末吉です。
白菜のお漬物。たくあん。
なす炒め・・・きゅうりのサラダ
地元野菜でおいしいお料理が食べたいな~


============

津波に浸かった農地で、15人ほどの男性が復旧作業をしていました。

「寒いし、腰が痛くなるけど、これが今の生活の糧。仕事ができてありがたい」
1日も早く、仕事がしたい。農業はおもしろいんだよ」
小雪が舞っている午後、農業復旧事業をしていた男性たちが話してくれました。

このあたりは昨年までは、田んぼだった場所、畑だった場所だと教えてくれました。

1年耕作しないだけで、こんなに草がたくさん生え、そして枯れたことに驚きました。

田んぼを作るには、小さなガラス片やビニール片があってはいけないのだそうです。
だから中腰の姿勢で、小さなガラス片などを拾っていたことがわかりました。

============



「漁業には支援が早く届いたけれど、農業への支援は遅い。農機具の全てを失ってしまってもなかなか支援してもらえない」
「風評被害やTPPのことも気になる」


1次産業の高齢化・後継者不足。
今ここにいる方々も決して若いとはいえない方々です。
これから、1次産業はどうなっていくのかな?と考えずにはいられませんでした。


「気仙沼の復興!子どもたちの明るい未来。農業の復興」


そんな願いを持ちながらがんばって働かれていました。


(平成23年12月2日)