header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年11月25日金曜日

2011年11月25日金曜日13:11
こんにちは。ココです。

石巻市中央にある『まるか鮮魚店』の中には“石巻名店街”として4つの店舗が出店しています。
現在は石巻サンプラザホテル内で本格的に再始動されている『割烹 滝川』。
『まるか鮮魚店』の佐々木社長さんの紹介をいただいて、代表取締役でもあり料理長を務める阿部 司さんに再開までの道のりと今後のお話をお伺いしました。




「3.11、あの日『割烹 滝川』の店舗は1Fまで浸水の被害を受けたんです。食器類なども流されて。日和山にある自宅にお店のスタッフとともに避難したんです」という阿部さん。泥出しや片付けなど、避難先の自宅から店舗まで往復の日々が続いたと話します。

そんな状況の中、食材の仕入れで付き合いの長いまるか鮮魚店さんがいち早く再開できる状況までに回復。まるかの社長の佐々木さんから一緒にどうかと声をかけていただき、『石巻名店街』の一店として5月25日に再開オープンを果たすことができました。





まるかさんをはじめ5店舗が集結しての再開。
「数店舗がまとまって再開できたことで周囲へエネルギーを与えることができたのではないか」
と『石巻名店街』オープンを振り返って阿部さん。

9月7日には石巻サンプラザホテル店がオープン。ようやく仕出し、コース料理など震災前と変わらない営業ができるまでとなりました。

『割烹 滝川』が創業して阿部さんで4代目。あと2年で100年を迎えます。

「戦時中に建て替えをした先代の思いを考えると、震災の被害に負けずに建物を残していきたいと思っています。来年の丑の日には本店でうなぎを焼きたい」

阿部さんの話を伺いながら、先代への思いや石巻への思い、阿部さんの強い気持が一歩一歩形に結びついていると感じました。


代表取締役 料理長 阿部 司さん

『割烹 滝川』
石巻サンプラザホテル店は営業中
プロショップ まるか中央鮮魚店では店頭販売あり

byココ

(平成23年11月25日)