header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月16日金曜日

2011年12月16日金曜日17:04
こんにちはささかまくんです。
本日は、JR仙石線中野栄駅で降りて、多賀城市方面にテクテクと歩いてみました。

多賀城市内に入ると、津波の跡か、建物の被害が大きいものが目立ちます。

国道から少し海岸よりに入ると、電光掲示板が目に入りました。
喫茶店「ぐりーんてぃと器 和(なごみ)」の大場さんにお話を伺いました。

「震災前は今の4倍ほど食器などの品物があったんです。喫茶がメインで抹茶などをお出ししており、男性のお客さんも多いです。再開できてよかったです。2カ月間ぐらいは再起できないかと思っていましたから」




今年で開業して8年目の「和」さん。

「地震が発生した時はラジオがなくて、近所の方に“早く逃げましょう”と声を掛けられるまで津波が押し寄せていることを知りませんでした。
2mほど浸水し、街の防災放送の機能も壊れていました。津波がくるまで40分ぐらいの間がありました」

ここでも被害が想定より大きく、対策を越えてしまったようです。



「ここに来るとほっとすると言われます。常連さんも多いです。いちじくや抹茶の手作りシフォンケーキは好評ですよ」
抹茶セット400円、和菓子もあるそうです。

なんと言っても手作りに勝るものはないですね。


器は、季節感を大事にし、日々新しい商品を取りそろえてらっしゃいます。
お抹茶道具なども扱われ、お手頃なものもあるということです。

他にポーチ、バック、人形、下駄なども取り扱っています。


地域には、和さんのような、くつろげるサロンのような場所が必要ですね。
ほっとするような和さんの店内、木のぬくもりと陶器で癒されます。



これからも地域のみなさんを癒してくれる素敵なサロンでいてください。


和さんのホームページのURLは  http://nagomi.ifdef.jp/です。

みなさん遊びに行ってみてくださいね。


(平成23年12月16日)