header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月1日木曜日

2011年12月1日木曜日17:22
こんにちは。石巻市中央にきています。アオキです。

石巻中央のアイトピア通りを歩いていたら、「おだづなよ津波!!」と大きくプリントされたインパクトのあるTシャツが目に入ってきました。
そのTシャツに込められた思いを聞きたくて、「首藤秀丸屋」にお邪魔してきました。




お店には、首藤純一さん、奥様のツマ子さん、息子さんの秀之さんがいらっしゃいました。

「おだづなよ津波!!」「がんばろう!!石巻」のTシャツは秀之さんのオリジナルデザインで、6月末から1枚2000円で販売しているそうです。ボランティアや観光で石巻にいらした方、警察官の方々がよく来店してくれたそうです。
新聞やテレビ局の取材で、この復興Tシャツを知った全国の方々からの問い合わせや、励ましのお手紙なども送られてきたそうです。

「お店の再開を一度は諦めかけていたのですが、息子が石巻へ帰ってきて、前向きに考えていこうと励ましてくれたのもあって。シャッターを開けることで街が少しでも明るくなるようにと始めました」 と、Tシャツを見せてくれました。


3月11日の津波で、お店の中の商品は全て流されてしまったそうです。新作の春物も仕入れたばかりでした。
自宅部分の3階で片付けをしながら過ごし、お店のある1階へ降りて来られたのは3日目だったそうです。
変わり果てた光景に純一さんは、「こんなにひどいなんて思っていなかった。これは再開できない」そう思ったそうです。

ですが、秀之さんを先頭に家族みんなでドロ掻きを始め、仮の姿ではありましたが営業を再開したそうです。
10月には秀之さん自らお店の内装を塗りなおし、今の明るい雰囲気のお店に生まれ変わりました。


「まだまだ、完全なお店の再建の見通しは立っていません。復興と言っても言葉でいうほど簡単なものではありません。今でも葛藤しながら毎日を過ごしています。ですが、できることは全部自分たちでやってきました。少しずつでもいいからここで生活し、前を向いていきたいです」

とツマ子さんは話してくれました。

遠く神奈川からご両親のいる石巻へ行き来しているという秀之さんは、何も話しはしませんでした。
でも、秀之さんがオリジナルでデザインしたTシャツに、自分が再建の先頭に立って、お店を、石巻を、ご両親を支えて行きたいという気持ちが込められていると分かり、強い家族の絆を感じさせてもらえました。

最近ではツマ子さんの手編みのステッチニットマフラーも新作に追加されました♪
「おだづなよ津波!!」「がんばろう!!石巻」のTシャツは好評発売中です!!
Tシャツはネットでも注文できるそうです。





支えてくださった全国のみなさまへ「おかげさまでありがとう」という気持ちで今日も前向きに頑張っています!!

(平成23年12月1日)