header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月28日水曜日

2011年12月28日水曜日10:00
末吉です。
気仙沼市の八瀬(やっせ)地区に来ています。

「石臼での餅つきは時間が勝負!
石臼は冷たいので、早くは搗けるけれど
冷めやすいからね~
もたもたしていると伸びなくなってしまうんだよ」

長年連れ添ったご夫婦は息もぴったり!
臼の中では
「ぺったん!ぺったん!」と
白い餅が搗けていきます。

餅つきをする姿は動きが早くて上手に撮れませんでしたが、


餅はおいしそうに搗き上がりました。



餅を合わせながら臼から上げて、お供え餅と「のし餅」にするそうです。



ちなみに、餅の表面に粉を振り過ぎるとカビが生えやすくなるので、
のし餅には粉をまぶさずにナイロン袋の上にのして、
硬くなったら少しずつ剥がして食べやすい大きさの角餅に切り分けていきます。

お供え餅は、昔は神棚に3つ重ね供えていたのが、今では2つ重ねにしているそうです。


雪が降る静かな山間部の軒先には、
「もうすぐお正月」のたたずまいがありました。


(平成231228日)