header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月7日水曜日

2011年12月7日水曜日8:43
こんにちは。気仙沼の末吉です。

今回は本吉町大谷の道の駅へ、おいしいもの探しに出掛けてきました。


============
震災の大きな津波にきれいな海岸線も松林も壊されてしまった大谷海岸。
そこに「道の駅」がありました。

震災前は、たくさんの魚や野菜が並び、また、地域の人たちが作ったおはぎや磯の香を入れた炊き込みご飯
がとてもおいしいお店でした。

「今はどんな感じかな?おいしいものには出会えるかな~」
4月に直売所が再開しているとは聞いていましたのでそんな気持ちで訪ねてみました。




迎えてくださったのは、駅長の米倉さん。

「魚が震災後あまり獲れないんですよ。直売所の出店数も3割くらいになりましたが、地域を元気にしたくて
がんばっています。長距離を運転してくる人たちのオアシスになれる“道の駅を復活させたいんです。
来年の3月までには「きれいなトイレ」も復活します」

仮設の駅舎で地域を元気にするために奮闘されていました。


============
平成231217日に、今年も恒例の「あわびまつり」を行います。

「今年は“あわびまつりの開催をどうしようか?と考えていたのですが今年も1217日に開催することに
しました。おいしいあわびを提供します」

地元のふかひれスープを1100円でいただける他、愛媛県からみかん200kgの提供があり、
おいしいみかんもいただけるとのことです。

帰りに買って帰った地元のおかあさんの漬けたお漬物は絶品でした。


(平成23年12月7日)






また、大谷地区の道の駅においしいものを探しに行きたいと思う末吉なのでした。