header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月21日水曜日

2011年12月21日水曜日11:58
いろいろなことがありすぎた1年ももうすぐ終わりのようです。
まだ、悪夢なら覚めてほしい。
朝起きたら「夢」だったことになるのを
心のどこかで期待している末吉です。


========

気仙沼に「絆」と「ありがとう」という名前のかまぼこが誕生しました。



製造販売しているのは気仙沼市南町の、いちまる蒲鉾店さんです。
ハートの形の紅白のかまぼこには

「絆」「ありがとう」の文字が入れられています。


切ってしまうのがもったいない、そんな可愛さがあります。

「12月は例年忙しいのだけれど、今年は本当に忙しいです」
とご店主の尾形さん。
営業時間を通常より2時間延長して全国発送に応じているそうです。

おすすめは「厚焼きささかまぼこ」。


通常のささかまぼこの1.5倍ほどの厚さがあり、弾力のある歯ごたえが魅力!
気仙沼のささかまぼこの復活! がとてもうれしかったです。

「アイテム数はまだ、震災前の3分の1程度ですが、少しずつ増やしていきたいです」
尾形さんの声は希望に満ちていました。


店内はお客さんでいっぱいでした。



今ではだいぶ珍しくなりましたが・・・・・・
気仙沼の結婚式の引き出物には、かまぼこが付き物でした。
「鯛」「富士山」「竹」「扇」「宝船」。
色とりどりでさまざまな形のかまぼこは、

家族の円満の象徴だったのだと思います。

復活した鯛

もうすぐ、お正月!
おせち料理には欠かせないかまぼこ。
茶碗蒸し・吸い物など、
これからがますます活躍の季節です。

(平成23年12月21日)