header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月19日月曜日

2011年12月19日月曜日19:46


「はじめて見た~。これかぶ?なぁに~?」
訪ねてきたお友達が、このかぶを、見た第一声でした。


皿の右側にあるのが「かぶ」です



実はこのかぶが、kaiiのおばあちゃんの味。

畑でおばあちゃんが、かぶを育てて、
12月になると、もち米に薄くスライスした、あまかぶとささげ豆を
一緒に入れて蒸したおふかしが、子どもの頃のご馳走でした。

あまかぶ自体が、とても甘いので、少しお塩を多めに入れて
甘みを引き立てるのがおいしいご飯にする「コツ」。

毎年クリスマス前の、この時期になると
野菜の直売所に置かれていることがあります。
見つけると
おばあちゃんの味
「かぶぶかし」を思い出して、試行錯誤。

未だに、子どもの頃に食べた、
おばあちゃんの味にはなりませんが
「かぶぶかし」を食べると
年末になったことと
おばあちゃんを思い出します。



おばあちゃんたちの時代には、米が足りない時にご飯の嵩(かさ)を増やすために、かぶやささげを入れたのだそうですが・・・
今を生きる私たちには
ナチュラル食です。

「“かぶぶかし ” は“かぶら蒸し ” とはまったく違うものなのね~
生まれて初めて見たかぶ、食べてみるととてもおいしい~
また、作ってね(^^)」

おばあちゃんの気仙沼グルメはこれからも大切にしていくね。
ありがとう。

(平成23年12月19日)