header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月10日土曜日

2011年12月10日土曜日11:59
「さかなの駅」で虎舞いを見ながら、
虎は魚を食べないのかな? ネコ科なのに?
などと、くだらないことを考えていた末吉です。

===========
平成23年12月10日。
気仙沼を元気にするお店が、また一つ開店しました。
それは、「さかなの駅」。




9時から始まった呼び込み太鼓に誘われて行くと、
オープニングイベントが元気一杯にスタートしていました。

沢山の人がワクワクしているのを感じます。何故?





一緒にワクワクしている末吉の前へ
虎舞の虎が現れました。
子供たちが演ずる虎の・・・かわいいながら力のある舞にしばし「あ然」




そうしている間に、餅まきがスタート。

餅まきが苦手な末吉は
一時退散‼

多くの人たちが、まかれる餅に歓声をあげています。

「これぇ!こんなに拾ったや~」

「1つしか拾われねがったや~」

そこかしこで、笑顔が弾けています。


ところで、
気仙沼では餅まきを「ごすもづまき」と言います。

ごすもち=五寸もち=御寿もち
いろいろな説があるそうですが、
家を新築する時に家の神様に供えた餅の大きさに由来しているのでは?とのことでした。

・・・・・・・・話が脱線しました。


==========
さて、さかなの駅の開店です。

たくさんの人たちが店内へ詰め掛けます。

店内は動きがとれない程の人でした。

魚を買いに来たはずの末吉は、あまりの人の多さに、ギブアップ。
ほうほうの体で退散してきたのでした。




(平成23年12月10日)