header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月6日火曜日

2011年12月6日火曜日21:26
こんにちは。kaiiです。

星がきれいな夜。
朝、海面が温泉みたいになることをご存知ですか?


文部科学省の事業として震災復興について研究している女性チームが、気仙沼市に来ました。7月に続いて2回目です。
台湾など海外での災害復興の研究も行い、「復興」と女性の関係を調べているそうです。


被災当時のことについてヒアリング調査をしたり、地域性についての調査を行っているのだそうです。
漁業地域では、女性が決定権を持つことをせず、男性優位の関係性がまだまだあることを感じるとのことでした。


南三陸町で出会った女性は、2次避難所を家族を守りながら運営していたことを話し、
「その時は本当に大変だった。生きるため、生かすために必死だった」と話していました。
しかし、地域社会への参加を促すと、「地域のことには旦那さんが参加するから、私はいいのです」
と退かれたそうです。

昔ながらの女性の奥ゆかしさでしょうか?

お話が進むにつれて兵庫県の女性研究者の皆さんは、
「“復興”には女性の力が必要なのです。どうか町づくりに積極的に参加してください」
と強調していました。




社会環境が大きな変化をしてきた中で、田舎のよさを支えてきた女性の姿?
3歩後ろを歩く控えめな女性の姿が、未だに田舎に現存することを、お話をうかがいながら感じました。

女性が元気な地域は町が元気だと言われています。
優しさのある町づくりに女性の感性がもっと活かされることが大切なのかと考えました。


(平成23年12月6日)