header

宮城県復興応援ブログ ココロプレス

「ココロプレス」では、全国からいただいたご支援への感謝と東日本大震災の風化防止のため、宮城の復興の様子や地域の取り組みを随時発信しています。 ぜひご覧ください。

ヘッダー写真説明文

写真 「19年連続 生鮮カツオ水揚げ日本一」に向けて、気仙沼では生鮮カツオ水揚げが順調です。「今年はとりわけ脂が乗っている」と関係者の表情もほころんでいます。
2015.7 ~宮城県震災復興推進課~
2011年12月7日水曜日

2011年12月7日水曜日17:00
ホイ・コーロー先生です。

「ほぐし屋」さんに「どうも、ありがとうございました」とお礼を述べ、1件目の取材終了。

少し準備をしてから5分の休憩を挟み、今度は向かいの『チャイルドワン』へ。

「こんちは」と、入り口の扉を開けると、ぎっしりと子供服が。




「ここは、10月8日にオープンしたね。以前は、市内でやってたんだ」
と店主の西村喜久治さん。

お店は子供服専門店で、サイズは70cm~160cmまであり、お値段も安く設定されているそうです。
男の子女の子、半々くらいの割合で商品を取り揃えているそうです。



「ここは、駐車場があるから結構人は来る」
と、西村さんは服をたたみながらおっしゃっていました。

「うちは、25年やってるからね」とも。
四半世紀も続けてきたとは。どれだけの塩竈っ子がここの服を着て大きくなっていったのでしょうか。
子供の成長は日進月歩なので、すぐに着られなくなってしまいます。
なので、比較的価格が抑えられているお店があると、お子さんがいらっしゃる家庭は助かると思います。

「まあ、今後は、ん~そうだね、ここを出たら、どうなるかね。元の場所に戻るかは分からない」
と西村さん。

このお店で買った服を着た子供たちが、やがて復興の担い手になるかもしれません。
大人になったその子たちが、今度は子供にここのお店の服を買うかもしれません。
そうやって、ずっと回り続けていくことが、復興になっていくのかもしれません。
気になった方は、『しおがま・みなと復興市場』へ足を運んでみてください。


『しおがま・みなと復興市場』  住所:塩竈市海岸通226-5(マリンゲート塩釜となり)
『チャイルドワン』 連絡先:022-366-7543
(平成23年12月7日)